ニューライフ幼稚園

横浜 東白楽 ニューライフ幼稚園の伝統の教育方針

ニューライフ伝統の教育方針

当園は地域社会の要望に沿い昭和28年に創設され、昭和32年に現在地に移設した60年の古い歴史を有する幼稚園であり、その園舎は冨士の霊峰を、そして横浜市街を一望に眺められる自然の松林に囲まれた3000平方メートル余の敷地を有する丘の上にあります。肥沃な土と日当りに恵まれた園庭には、桑、柿、栗、みかん、桃、梅などの果実が実り、裏庭の畑では園児の手により、いろいろな野菜が収穫されます。
幼児期の生活環境は人格形成の上で大きな意味を持つと言われます。幼稚園は社会的な人間として生きて行く上での基礎的な力を子ども同士の集団での関わり合いの中で学びあう場です。当園では特に自然との関わりを大切にする遊びを通して一人一人が本当に意欲的な子どもになることを願い、以下のことを育てる事を教育目標にしています。

夏の行事

白幡の森から続く森林と恵まれた肥沃な大地のもと、子どもの持って生まれた資質を目覚めさせ、押し付けではない真の人間性を伸ばし育む教育を、ニューライフ幼稚園では行っています。子どもから自由を奪わず、偏った干渉に陥ることなく、子どもたち一人一人が自ら啓発し積極的に活躍できるよう、教職員一同日々綿密な計画や立案を練り、研究を重ねて、保育の深化に努めています。